降圧剤不要、治療不要の高血圧症とは

治療不要で降圧剤も不要な高血圧症、「本態性高血圧」とは?

高血圧には大きく分けて2種類あるというのをあなたはご存知ですか?実は、治療が必要な高血圧症と降圧剤不要、治療不要の高血圧症に分けられるのです。

 

治療が必要な高血圧症とは、ほかの病気によって高血圧が発症しているケース。たとえば糖尿病や昔なら腎臓病といった病気ですね。言うまでもなく糖尿病や腎臓病の治療を優先するべきですし、そのために薬の服用も必要です。

 

一方、治療不要で降圧剤も不要な高血圧症とは、「本態性高血圧」といわれているもの。高血圧の約9割がこの「本態性高血圧」であり、しかも原因不明であることが特徴なのです。

 

原因が特定できないので、むやみに降圧剤を飲む必要はありません。むしろなんらかの必要があって血圧が高くなっていると解釈すべきではないでしょうか。

 

高血圧の基準値は改変されているのを知っていますか

高血圧の基準値というものを過去に何度か改変されています。いくら食生活が変化したといっても、人体における健康状態の本質はそれほど変わるわけではありませんよね。

 

たとえば、1955年には、最大血圧160以上が要注意とされていました。ところがその基準値がどんどん下がりだしてきたのです。

 

150になったかと思いきや、いつの間にか140にまで下がってしまった。基準値が140ということは要注意の人が日本だけでも3700万人にもなるのです。

 

ここまで基準値が下がってしまうと、それが無根拠であることの証左になってしまうのではないでしょうか。ころころ変わってしまうようないい加減な数値を我々は「基準」と呼びませんよね。

 

医者が経営を成り立たせるために、患者さん(お客)を減らさないためだけに基準値を下げている……こう解釈されても不思議ではありません。

 

高血圧を病と決めつけることは誤りです。もしあなたが高血圧を自覚していて健康状態に不安を抱えているなら、病院に通うよりも安全で確実、経済的な改善法があります。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

 

薬に頼らずに高血圧を治すには へ戻る

 

関連ページ

血圧の値に一喜一憂しない
血圧というのは個人差が大きく、数値だけが重要ではありません。血圧の値のわずかな上下動にいちいち一喜一憂するのではなく、自分にとっての本当の健康状態をしっかり把握するための高血圧改善法をご紹介。
高血圧は病気ではない
高血圧は病気ではありません!!年を重ねることで自然に上がってしまう血圧を病気扱いにするなんてナンセンスの極みではないでしょうか。薬に頼らずに高血圧を健康的に改善する方法を提案しています。
降圧剤は免疫力を低下させる
降圧剤は、自律神経の活発な働きを狂わせてしまい免疫力を低下させるとともに、さまざまな病気を招いてしまう原因を作ってしまいます。薬の助けを借りずに、健康体を取り戻す方法をご紹介します。