塩分摂取で体を温めて高血圧を改善

塩分と高血圧に関する間違った常識とは……?

「高血圧は立派な病気だ」

 

「高血圧を改善するための最も有効な方法は降圧剤だ」

 

などなど、高血圧に関して間違った常識が信じられています。

 

その最たるもののひとつが「塩分は控えるべき」というものです。あなたはもしかして「塩分の摂りすぎが血圧を上げてしまう」と思っていませんか?

 

塩分は人間の生命活動を維持するために必要不可欠な栄養素のひとつなのです。ではなぜ塩分が悪者扱いされたのでしょうか?

 

かつて東北地方で高血圧や脳卒中で亡くなる人が多かったのがその原因かもしれません。過剰なまでの塩分摂取が健康を損ねると判断され全国で減塩運動が展開されたのです。

 

その結果、日本人の塩の摂取量は大幅に減少しましたが、にもかかわらず高血圧症を訴える人が減るどころか、年々増加の一途をたどっているのです。

 

塩分には体を温めて血圧を正常化させる作用がある

過剰なまでの塩分摂取は健康への悪影響が懸念されますが、それでも塩分には体を温める作用があることを忘れてはいけません。

 

東北の方々は、厳寒の冬の季節を乗り切るために、やむにやまれず塩分の摂取が必要なのでした。塩分の控えすぎは、体の冷えを助長し、新陳代謝を悪化させるのです。

 

つまり塩分の摂りすぎもいけませんし、控えすぎもまずいわけですね。

 

塩分だけに限らず、食事と高血圧の関係は深く、正しい知識を持って食生活を改善していくことで、降圧剤など一切使用しなくても血圧を正常化させることは可能なんです。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

体を温めて血圧を下げる方法 へ戻る

 

関連ページ

下半身を温めることで突然死を防止
下半身を温めることで突然死に繋がる脳出血や心筋梗塞など防止することができます。手軽にできる下半身の冷え対策をご紹介。
利尿剤よりも体を温めることが降圧につながる
利尿剤よりも体を温めることが降圧につながり、腎機能を正常な状態にするのです。薬に頼らずに体をポカポカに温めるために有効な方法もご紹介。
半身浴で血圧降下〜自宅でできる「和温療法」
自宅でできる「和温療法」として、半身浴の方法をご紹介。血圧降下が期待できるので、高血圧でお悩みの方はおすすめの健康法です。