下半身を温めることで突然死を防止できる

健康のための「下半身対策」していますか?

加齢とともに血圧が上がっていることは周知の事実ですが、そのメカニズムはよくわかっていません。

 

その原因として考えられているのが「下半身の筋肉の衰え」。若いときは下半身の筋肉がじゅうぶん発達しているので、血液の巡回も活発に行われています。つまり「頭寒足熱」という理想的な状態を維持できているわけですね。

 

しかし、加齢とともに大腿部をはじめとする下半身の筋力が弱ってきます。その結果、毛細血管をめぐる血液量が少なくなり、必然的に上半身へと上らざるを得なくなるわけですね。

 

上半身に血液が多くなることが、いわゆる「高血圧の状態」。突然死に繋がる脳出血や心筋梗塞などの病気は、高血圧による下半身の血流不足によって発症しやすいといわれているのです。

 

突然死を防止するには下半身の冷えには十分注意し、温めることが大切。最も手軽にできる実践法が「腹巻き」の着用です。「腹巻き」による下半身の冷え対策は、お腹だけではなく、体の末端である足先まで効果が波及します。

 

また、ウォーキングやスクワットなどの運動を行い、下半身の筋肉を鍛えることで、「頭寒足熱」状態を作りあげることも可能です。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

体を温めて血圧を下げる方法 へ戻る

 

関連ページ

塩分摂取で体を温めて高血圧を改善
あなたはもしかして「塩分の摂りすぎが血圧を上げてしまう」と思っていませんか?適度な塩分摂取で体を温めることができて高血圧改善も期待できるのです。
利尿剤よりも体を温めることが降圧につながる
利尿剤よりも体を温めることが降圧につながり、腎機能を正常な状態にするのです。薬に頼らずに体をポカポカに温めるために有効な方法もご紹介。
半身浴で血圧降下〜自宅でできる「和温療法」
自宅でできる「和温療法」として、半身浴の方法をご紹介。血圧降下が期待できるので、高血圧でお悩みの方はおすすめの健康法です。