体を温めて血圧を下げる方法

体を温めて血圧を下げる方法

体の冷えは「万病のもと」。

 

体温が一度下がると、免疫力は三割程度低下し、さまざまな病気を招いてしまうのです。さらに血液循環が悪化することで血圧も高くなり、さまざまな症状を引き起こしてしまうのですね。

 

ここでは体を温めて血圧を下げる方法や、降圧剤を使用せずに高血圧を改善するヒントなどをまとめてみました。

体を温めて血圧を下げる方法 | 降圧剤をやめて高血圧を自然に改善する方法記事一覧

「高血圧は立派な病気だ」「高血圧を改善するための最も有効な方法は降圧剤だ」などなど、高血圧に関して間違った常識が信じられています。その最たるもののひとつが「塩分は控えるべき」というものです。あなたはもしかして「塩分の摂りすぎが血圧を上げてしまう」と思っていませんか?塩分は人間の生命活動を維持するために必要不可欠な栄養素のひとつなのです。ではなぜ塩分が悪者扱いされたのでしょうか?かつて東北地方で高血...

加齢とともに血圧が上がっていることは周知の事実ですが、そのメカニズムはよくわかっていません。その原因として考えられているのが「下半身の筋肉の衰え」。若いときは下半身の筋肉がじゅうぶん発達しているので、血液の巡回も活発に行われています。つまり「頭寒足熱」という理想的な状態を維持できているわけですね。しかし、加齢とともに大腿部をはじめとする下半身の筋力が弱ってきます。その結果、毛細血管をめぐる血液量が...

降圧剤のなかで最も副作用が懸念されるのが「利尿剤」です。これは尿量を増やし、血液量を減少させることで血管の抵抗性を落とし、降圧するという作用をねらったもの。しかし、利尿剤によって脱水による血液粘性を生じさせることを見落としてはいけません。ドロドロになった血液を押し流すには血圧を上げる必要があり、そのパワーを交感神経から持ってこなくてはならなくなります。その働きをよくするためにさらに投薬量が増えてい...

高血圧や心不全、閉そく性動脈硬化などの患者さんに大きな成果を上げている「和温療法」。これは、鹿児島大学が開発した画期的な治療法です。60℃に設定された低温サウナに15分程度入った後、毛布にくるまって30分間安静状態に保つというもの。副交感神経の機能を高めて、血流を促進させる効能が認められています。この「和温療法」は自宅でも実践可能です。サウナの代わりに湯船で半身浴をすることで同じ効果が得られるので...