ストレスと高血圧の関係について

高血圧とストレスは密接に関係しています……

自律神経は我々の体調をしっかり見極めたうえで、適切なコントロール力を発揮します。

 

血圧を微調整し、血流をうまくコントロールすることで全身の健康を支えているわけですね。そんな自律神経の大敵となるのがストレスです。わかりやすく言うと、ストレスを受けることで交感神経が緊張して、血圧が上がってしまうわけです。

 

ストレスにも過労や睡眠不足、悲しみ、不安などさまざまな要因がありますが、とりわけ強烈で高血圧に直結するのは「怒り」の感情なんですね。

 

他人に怒りをぶちまけられるよりも、本人が怒りの感情を生み出してしまうことの方が健康面においてはマイナスということです。

 

こればかりは薬などの外的な方法でどうにかなるものではありません。高血圧の原因となる怒り=ストレスを抑えるには、自身のメンタル面における安定性を養うしかないのです。

 

避けるに避けられないストレスを受けた場合には、「このストレスに万能薬は存在しない。時間が解決してくれる」と信じて受け入れるしかありません。

 

現代社会ではストレスを100%回避するのは至難の業といえるでしょう。だからこそ「自然で害のない高血圧改善法」というのが今、注目を集めているわけですね。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

自律神経を整えて降圧するための方法 へ戻る

 

関連ページ

高血圧と自律神経の関係について
近年の研究によって、高血圧と自律神経の関係が明らかになってきました。加齢とともに交感神経が過剰に作用して高血圧になるしくみをわかりやすく解説しています。
降圧剤よりも効果てきめんの副交感ポイントを刺激する方法
降圧剤よりも効果てきめんの副交感ポイントの位置やそれを刺激する方法をご紹介。薬に頼ることなく、短期間で健康を取り戻した方法にご興味ある方は必見です。
自律神経を調整して血圧を正常化させる簡単な方法
自律神経を調整することで血圧を正常化し、高血圧の症状を回避する簡単な方法は深呼吸です。「血圧は自分でコントロールすることができる」としっかり認識して深呼吸することが大切です。