降圧剤よりも効果てきめんの副交感ポイントを刺激する方法

自律神経のバランスを整える副交感神経の刺激ポイントとは……?

前ページ(高血圧と自律神経の関係について)では、年を重ねるとともに副交感神経の働きが低下し、自律神経のバランスが崩れることから高血圧を引き起こすことを説明しました。

 

ということは、副交感神経の働きを正常化させることで、高血圧を改善するということもできるわけですね。むしろこの方が副作用の危険が高い降圧剤よりも効果てきめんとはいえるのではないでしょうか。

 

では、副交感神経を高めるためにはどうすればいいのでしょうか。それには「副交感ポイント」と呼ばれる箇所を刺激してやるのが最も手軽で簡単です。

 

副交感ポイントとなる位置は手首の骨と骨の中央になります。手首を甲を上にしてみてください。骨の出っ張りが二つあるはずです。

 

小指側の骨の出っ張りと親指の骨の出っ張りとの中間に位置する場所が副交感ポイントと呼ばれる位置になるのですね。そこを30秒程度、親指でもんで刺激してみましょう。

 

副交感神経の働きを高めて、高血圧を改善するためには根本的な生活習慣を見直すことも必要かもしれません。

 

高血圧で悩んでいた数多くの方が、降圧剤に頼ることなく、短期間で健康を取り戻した方法にあなたはご興味ありませんか?

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

自律神経を整えて降圧するための方法 へ戻る

 

関連ページ

高血圧と自律神経の関係について
近年の研究によって、高血圧と自律神経の関係が明らかになってきました。加齢とともに交感神経が過剰に作用して高血圧になるしくみをわかりやすく解説しています。
ストレスと高血圧
ストレスと高血圧について、自律神経と高血圧の原因となる怒り=ストレスへの対策法など、健康に関するお役立ち情報をまとめています。
自律神経を調整して血圧を正常化させる簡単な方法
自律神経を調整することで血圧を正常化し、高血圧の症状を回避する簡単な方法は深呼吸です。「血圧は自分でコントロールすることができる」としっかり認識して深呼吸することが大切です。