高血圧と自律神経の関係について

自律神経と血圧の気になる相関関係とは…?

近年の研究によって、自律神経と高血圧の関係が明らかになってきました。

 

自律神経の働きをうまく整えることによって、降圧剤などの薬に頼ることなく高血圧を予防したり、改善したりすることは可能なのです。自律神経といっても難しくお考えになることはありません。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経の二つに分けられます。交感神経が優位になると体が活動しやすくなり、副交感神経が優位になると体がリラックス状態になるわけですね。

  • 日中……交感神経が支配的になる
  • 夜……副交感神経が支配的になる

これら相反する二つの神経が身体機能をコントロールすることで健康を保っているわけです。

 

交感神経が過剰に作用することで高血圧になる

加齢とともに副交感神経の働きは衰えてきます。ところが交感神経の方は、年齢を重ねてもあまり低下しないのです。

 

加齢とともに自律神経のバランスが乱れやすくなるのはこのためなんですね。こうなると交感神経の作用が過剰になりがちに……。

 

交感神経が過剰になることで血管が収縮作用が強まります。そのために体中に十分な量の血液を送り届けようと血圧が高くなるわけです。

 

ただでさえ血管が細くなっている状態なのに勢いよく血液を送り出すのですから、血管の内壁が傷つきやすくなり血栓が出来やすくなるのも不思議ではありません。

 

自律神経のバランスを整えて高血圧を改善するには

  • 腸内環境を整える
  • しっかり朝食を摂る
  • 6時間〜7時間しっかり睡眠をとる
  • 39〜40℃でゆっくり入浴
  • 深い呼吸を常に心がける

しかし、もっと確実で効果の高い高血圧改善方法があるのです。もう二度と降圧剤や病院に頼ることはありません。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

自律神経を整えて降圧するための方法 へ戻る

 

関連ページ

降圧剤よりも効果てきめんの副交感ポイントを刺激する方法
降圧剤よりも効果てきめんの副交感ポイントの位置やそれを刺激する方法をご紹介。薬に頼ることなく、短期間で健康を取り戻した方法にご興味ある方は必見です。
ストレスと高血圧
ストレスと高血圧について、自律神経と高血圧の原因となる怒り=ストレスへの対策法など、健康に関するお役立ち情報をまとめています。
自律神経を調整して血圧を正常化させる簡単な方法
自律神経を調整することで血圧を正常化し、高血圧の症状を回避する簡単な方法は深呼吸です。「血圧は自分でコントロールすることができる」としっかり認識して深呼吸することが大切です。