自律神経を整えて降圧するための方法

自律神経を整えて降圧するための方法

薬の力に頼ることなく降圧するための方法があります。それは副交感神経を高めることなんですね。

 

ここでは、高血圧と自律神経との密接な関係から、副交感神経を正常に機能させる方法など、役に立つ健康コラムを中心にまとめています。

自律神経を整えて降圧するための方法 | 降圧剤をやめて高血圧を自然に改善する方法記事一覧

近年の研究によって、自律神経と高血圧の関係が明らかになってきました。自律神経の働きをうまく整えることによって、降圧剤などの薬に頼ることなく高血圧を予防したり、改善したりすることは可能なのです。自律神経といっても難しくお考えになることはありません。自律神経は、交感神経と副交感神経の二つに分けられます。交感神経が優位になると体が活動しやすくなり、副交感神経が優位になると体がリラックス状態になるわけです...

前ページ(高血圧と自律神経の関係について)では、年を重ねるとともに副交感神経の働きが低下し、自律神経のバランスが崩れることから高血圧を引き起こすことを説明しました。ということは、副交感神経の働きを正常化させることで、高血圧を改善するということもできるわけですね。むしろこの方が副作用の危険が高い降圧剤よりも効果てきめんとはいえるのではないでしょうか。では、副交感神経を高めるためにはどうすればいいので...

自律神経は我々の体調をしっかり見極めたうえで、適切なコントロール力を発揮します。血圧を微調整し、血流をうまくコントロールすることで全身の健康を支えているわけですね。そんな自律神経の大敵となるのがストレスです。わかりやすく言うと、ストレスを受けることで交感神経が緊張して、血圧が上がってしまうわけです。ストレスにも過労や睡眠不足、悲しみ、不安などさまざまな要因がありますが、とりわけ強烈で高血圧に直結す...

自律神経を調整することで血圧を正常化し、高血圧の症状を回避することは可能です。自律神経を調整するといっても難しいことはありません。また薬も必要としません。実は「深呼吸」によって簡単に血圧を下げることができるということをご存でしょうか。血圧をコントロールしている自律神経の中枢と、呼吸を調節する高級中枢は、脳の中で近接したところにあり、互いに影響を及ぼしています。このため、深呼吸することで呼吸中枢を介...