温泉療法による降圧効果について

高血圧改善のための温泉療法についてのコラム

近年、高血圧改善のために湯治、いわゆる温泉療法が注目されていることをあなたはご存知でしょうか?

 

もちろん、普通に温泉に入るだけでも、全身の疲労回復を促し、リフレッシュ効果があります。しかし、降圧効果を求めるなら専門的な温泉療法医や温泉医学についての知識がある人から、症状ごとの入浴法を指導してもらうことが確実です。

 

降圧剤は副作用などのデメリットが高すぎるだけでなく、その効果は個人差が大きいのです。それよりも温泉療法が確実であるとする声が確実に多くなっているわけですね。

 

日本では昔から、「田植え前の湯治、稲刈り後の湯治」という言葉が地方で伝えられています。冬場、寒さが厳しい地方では、高血圧を防止・改善するために湯治をすることが、健康増進と正常な血圧を維持するための秘訣であると考えられていたのです。

 

科学的にも立証されている

温泉の降圧効果は科学的にも十分に立証されています。九州大学の矢永尚士教授(医学部名誉教授・認定温泉医)はその研究で、温泉療法と薬物療法の比較を行なっています。

 

その報告によると、温泉療法による改善率は83.9%、いっぽう薬物療法による改善率は52.5%ということでした。

 

こうなると、血圧の正常化のために降圧剤という選択肢を捨てることはできるのではないでしょうか?薬物療法をやめて、こうした湯治と運動療法、生活習慣の改善でも、著しい降圧効果が期待できるでしょう。

 

露天風呂には注意が必要

温泉療法で気をつけることは、露天風呂に入るときの気温です。気温が20度以上なら、まったく問題はないのですが、15度以下の場合、きわめて危険なのです。

 

このときに露天風呂に入ると、血圧が70〜120ミリ急激に上昇することもあるのです。これは大切のことですが、高齢の方や、動脈瘤、あるいは心臓病のある方は、真冬の露天風呂への入浴はお控えくださいね。

 

以上、ご紹介した温泉療法は、食事療法を組み合わせることでより効果を高めることができるでしょう。

 

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

医療は不要!血圧正常化の極意 へ戻る

 

関連ページ

時計遺伝子と血圧の関係
人間の体のなかにある、24時間の時を刻む「時計遺伝子」というメカニズム。これは血圧と深い関係があるのです。体内時計を正しく働かせて高血圧を予防改善するための知識をまとめています。
耳を温かくすることで血圧を正常にする
耳を温かくすることで「迷走神経」を刺激し、内蔵の機能を活性化させることで血圧を正常にします。ここでは使い捨てカイロで簡単に実践できる高血圧解消ノウハウをご紹介。
家庭湯治で血圧を下げる
血圧を下げるのに有効!ご家庭のお風呂で実践可能な「家庭湯治」の方法や注意点についてわかりやすく解説しています。