耳を温かくすることで血圧を正常にする

血圧正常化に導くに、耳をいたわってあげる……

耳を温かくするで血圧を正常にするというのは本当でしょうか?にわかには信じられないかもしれません。

 

実は内蔵機能をコントロールする「迷走神経」というのが延髄から出ています。これは知覚神経や運動神経、さらに副交感神経を含んだ混合神経といわれています。

 

この迷走神経は耳を温かくすることで活性化し、その結果、胃、腸、心臓、食道などの内蔵機能の働きを高めていくのです。

 

内蔵のもろもろの機能が高まると、全身の血行が促進することは容易に想像できるでしょう。

 

内蔵の機能を活性化させないと、血行が悪くなっているときに全身にくまなく血液を送り届ける際、多大な圧力を必要とするのです。これが高血圧の原因になるわけですね。

 

また高血圧の人は、交感神経と副交感神経の均衡がくずれがちで、とくに交感神経が緊張が高まっている状態にあるのです。

 

そのときこそ、耳を温かくしてやることで心地良い刺激を与えて、副交感神経系の機能を高めてやることにより、自律神経のバランスを整えることができます。

 


 

◆使い捨てカイロで耳を温かくして高血圧解消

 

「耳を温かくするのが良いことはわかったんだけど、具体的にどうすればいいの?」と、あなたは疑問に思っているかもしれません。

 

高額な医療器具なんて必要ありません。どこにでも売っている安価の使い捨てカイロで十分なんですね。低温やけどに気をつけて、心地よくなるまで耳を温めてください。

 

このとき耳を表側だけでなく、裏側もしっかり温めることがポイントです。10分も20分も温める必要はありません。せいぜい2〜3分といったところです。

 

実は入浴するだけでは、十分に耳を温めることができない場合が多いのです。

 

とくに冷え性の方は、十分に入浴したつもりなのに、首から上の冷えが残っているという方が多いですが、これは耳が温まっていないからなんですね。

 

入浴+カイロによる耳の温めで、冷えをしっかり除去して、自律神経のバランスを整えましょう。これが脳の血行を良くするとともに、高血圧の解消、脳卒中の予防、不眠症改善にも役立つのです。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

医療は不要!血圧正常化の極意 へ戻る

 

関連ページ

時計遺伝子と血圧の関係
人間の体のなかにある、24時間の時を刻む「時計遺伝子」というメカニズム。これは血圧と深い関係があるのです。体内時計を正しく働かせて高血圧を予防改善するための知識をまとめています。
温泉療法による降圧効果について
近年、降圧効果に優れているとして温泉療法(湯治)が注目されています。健康増進と正常な血圧を維持できると、科学的にも立証されています。
家庭湯治で血圧を下げる
血圧を下げるのに有効!ご家庭のお風呂で実践可能な「家庭湯治」の方法や注意点についてわかりやすく解説しています。