時計遺伝子と血圧の関係

血圧を安定させるために知っておきたい「時計遺伝子」について

人間の体のなかには、24時間の時を刻む「時計遺伝子」というメカニズムがあります。

 

毎朝、太陽光を浴びることで、脳の視床下部にある「視交叉上核」に日光が伝わると、25時間周期で動いている体内時計がリセットされるわけですね。

 

この情報は、全身の末端組織にある子時計へと伝達されて、体が活動的になるのです。この時計遺伝子という仕組みと血圧は深い関係にあります。

 

血圧は通常、日中に高まり、夜に低くなります。この血圧の日内変動は実は時計遺伝子が主導しているといわれているわけです。

 

もちろん血圧の日内変動は、個人差がありますが、注意すべきは朝と夜の血圧差があまりにも大きすぎる人です。とくに朝の血圧が15ミリ以上高まる方は、とくに冬の季節は注意が必要でしょう。

 

起床時の部屋の温度があまりに低すぎると、心筋梗塞や心臓病が起こりやすいのです。もし可能であればエアコンのタイマーなどを活用して、起床時の室温を10度以上にしておくことをおすすめします。

 

いずれにせよ、高血圧の方はご自身の血圧を朝晩、まめに計測して、日内変動をしっかりチェックしておくことが大切といえるでしょう。

 


 

◆体内時計を正しく働かせるために

 

体内時計を狂ってしまうことで、高血圧を招いてしまうのです。

 

体内時計を正しく働かせるために必要なことは、言うまでもなく生活リズムをしっかり整えることなんですね。それが高血圧の改善と予防につながっていくわけです。

 

では、生活リズムを整えて、正しく体内時計をあわせるにはどうすればいいのでしょう。

 

これには3つあります。

 

・起床後、すぐに日光を浴びること!

 

・どんなに忙しくても朝食は摂取すること!

 

・夜は室内を真っ暗にして熟睡できる環境を整えること!

 

以上の3つのポイントはぜひ実践していただきたいです。

 

また、交感神経を抑えて、深い眠りを誘導するものとして、ラベンダーの香りをかぐことをおすすめします。ラベンダーの入浴剤なんていいかもしれませんね。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

医療は不要!血圧正常化の極意 へ戻る

 

関連ページ

耳を温かくすることで血圧を正常にする
耳を温かくすることで「迷走神経」を刺激し、内蔵の機能を活性化させることで血圧を正常にします。ここでは使い捨てカイロで簡単に実践できる高血圧解消ノウハウをご紹介。
温泉療法による降圧効果について
近年、降圧効果に優れているとして温泉療法(湯治)が注目されています。健康増進と正常な血圧を維持できると、科学的にも立証されています。
家庭湯治で血圧を下げる
血圧を下げるのに有効!ご家庭のお風呂で実践可能な「家庭湯治」の方法や注意点についてわかりやすく解説しています。