血圧の高い人が寒い時期に運動するときに気を付けるべきこと

冬場に野外で運動するときの高血圧対策とは……?

ここでは血圧の高い人が寒い時期に運動するときに気を付けるべきことを簡潔にまとめました。

 

寒い時期、外でウォーキングをするときは、防寒対策は入念に行ってくださいね。

 

「体を動かしているうちにあたたかくなるから薄着でもかまわない」という人がいますが、これはあやまった運動態度です。

 

また、あまりにも温度が低い場合は、無理してまで外で運動する必要はありません。

 

とくに几帳面な人に多いのですが、「やりたくない」と思っているのに無理してやるとそれがストレスとなり、上がらなくてもよい血圧まで上げてしまう結果に。

 

寒い時期は、室内でストレッチ運動や器具を使って体を動かしたほうが安全ですし、ストレスによる血圧上昇も防ぐことができますよ。

 

■入浴時、起床時の動作も気を付ける!

 

寒いからという理由で極端に熱いお風呂には入らないようにしましょう。40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかっていただくことをおすすめします。

 

お風呂からでるときは、必ずゆっくりと立ち上がってくださいね。お風呂場で倒れる人の多くは、長くお湯につかったあと急に立ち上がっています。

 

そして起床時。起き上がるときは飛び起きたりせずにゆっくり立ち上がるようにしましょう。

 

寒い季節は、血圧を正常に保つために、さまざまな努力が必要なものですが、簡単にできる食事療法を取り入れることで、脳卒中等の危険な病気を遠ざけることは可能です。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

冬の高血圧対策〜脳卒中・心筋梗塞をしっかり防ぐ方法 へ戻る

 

関連ページ

冬場はなぜ血圧が上昇するのか?
高血圧の人にとって不思議に思うのは「冬場はなぜ血圧が上昇するのか?」という事実。ここでは寒さと血圧の関連性から、最悪の場合、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすリスクを具体的に解説しています。
寒い季節の夜間のトイレ・お風呂と高血圧の関係
高血圧の人にとって、寒い季節の夜間のトイレやお風呂は細心の注意を払う必要があります。血管の収縮にともなう心臓や脳への過剰負担を避けるための方法をコラムとしてまとめています。
急激な温度差を避けて血管の収縮を防ぐ
急激な温度差を避けて血管の収縮を防ぐための具体的な方法や、外出時の注意点などをわかりやすくまとめています。