急激な温度差を避けて血管の収縮を防ぐ

とくに冬の季節は、急激な温度差に注意が必要です……

真冬の季節、高血圧の方は、室内だけでなく、トイレや浴室もしっかりあたたかくして急激な温度差がないようにする工夫は必要です。

 

また夜中にトイレに立つときは、面倒くさいかもしれませんが、上着や靴下をはいて行くようにしましょう。

 

夜中のトイレや寒い朝の起床時、ふとんから出るときは、ふとんのなかで軽い運動をするようにしてください。

 

そうして体をある程度あたためてから起き上がると効果的なんですよ。

 

ふとんのなかで行う運動としておすすめなのが、寝ながら足首を曲げ伸ばしすること。これはふくらはぎのポンプ効果で血流の循環をうながすことによって体をあたためるわけですね。

 

そうすることで血管の収縮を防ぎ、血管の滞り、詰まり、破裂を防ぐことにもつながるわけですね。

 

外出時に気を付けること

 

冬場、外出する際は、首まわりや手を冷やさないことが大切です。

 

首の部分は太い頸動脈が通っており、手には毛細血管網が縦横無尽に広がっています。そこで冷たい外気にあたってしまうと急激に体が冷えきってしまい、血圧が急上昇します。

 

できることなら、あらかじめ家のなかでマフラーや手袋をつけたうえで外出することが大切でしょう。

 

外に出てから防寒具を身に付けるのは遅すぎるわけですね。

 

その他、気温が下がったときに気を付けるべきことはありますが、それはすべてお金をかけずご自宅で実践できる食事療法です。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

冬の高血圧対策〜脳卒中・心筋梗塞をしっかり防ぐ方法 へ戻る

 

関連ページ

冬場はなぜ血圧が上昇するのか?
高血圧の人にとって不思議に思うのは「冬場はなぜ血圧が上昇するのか?」という事実。ここでは寒さと血圧の関連性から、最悪の場合、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすリスクを具体的に解説しています。
寒い季節の夜間のトイレ・お風呂と高血圧の関係
高血圧の人にとって、寒い季節の夜間のトイレやお風呂は細心の注意を払う必要があります。血管の収縮にともなう心臓や脳への過剰負担を避けるための方法をコラムとしてまとめています。
血圧の高い人が寒い時期に運動するときに気を付けるべきこと
寒い時期、とくに血圧の高い人は運動するときに気を付けなければならないことがあるのです。血圧を急激に上昇させないための心がけをわかりやすくコラムにしてまとめています。