寒い季節の夜間のトイレ・お風呂と高血圧の関係

冬場の夜間のトイレ・お風呂には要注意!

寒い季節において、夜中のトイレ、あるいはお風呂に入るとき、高血圧の人は知っておかなければならないことがあります。

 

冬場はなぜ血圧が上昇するのか?」のコラムで書いたように、寒い季節、血管の収縮にともなう心臓への過剰負担は気を付けなければいけません。

 

ただし、脳や心臓だけに注意を払っても完璧ではありません。腎臓や脾臓、あるいは足の血管など、全身のパーツが対象なんですね。

 

血管のめぐりが悪くなるとさまざまな体の部位で異常が発生するのです。症状がわかりにくいので気が付かないだけのこと。

 

しかし、命のかかわるという意味では、やはり脳卒中や心筋梗塞が最も怖い。とくに冬場は細心の注意を払わなければいけません。

 

あなたはご存知ですよね。トイレやおふろ場で倒れて救急車に運ばれる人が多いのは冬の季節だという事実を。

 

夜間のトイレは、寒さによって血圧が急激に上昇するだけでなく、たまっていた尿を排出することで体温だけでなく血圧も急激に下がるためです。

 

それが急なめまいや転倒の原因になっているわけなんですね。

 

また、冷たい状態から熱い状態に急変するのもあまりよろしくありません。

 

体が冷え切った状態で、いきなり熱い風呂につかると、交感神経が緊張して急激に血圧が上昇します。

 

血管が開いて血圧が下がるから喜ばしいことと考えてしまいがちですが、実はその状態で急に立ち上がったりすると、脳の血流が少なくなって倒れることもあるわけなんですね。

 

トイレやお風呂場での温度変化にも注意しなければなりませんが、そのときの動作や姿勢も重要な要素です。

 

ちょっとした生活態度を変えるだけで、心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中を防ぐことができるのですから。

 

医者にかかる必要もなければ、降圧剤に頼る必要もありません。

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

冬の高血圧対策〜脳卒中・心筋梗塞をしっかり防ぐ方法 へ戻る

 

関連ページ

冬場はなぜ血圧が上昇するのか?
高血圧の人にとって不思議に思うのは「冬場はなぜ血圧が上昇するのか?」という事実。ここでは寒さと血圧の関連性から、最悪の場合、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすリスクを具体的に解説しています。
急激な温度差を避けて血管の収縮を防ぐ
急激な温度差を避けて血管の収縮を防ぐための具体的な方法や、外出時の注意点などをわかりやすくまとめています。
血圧の高い人が寒い時期に運動するときに気を付けるべきこと
寒い時期、とくに血圧の高い人は運動するときに気を付けなければならないことがあるのです。血圧を急激に上昇させないための心がけをわかりやすくコラムにしてまとめています。