冬場はなぜ血圧が上昇するのか?

知っておきたい寒い季節と血圧の関係とは?

冬場はとくにそうですが、高血圧の人にとっては危険な季節。気温が低くなると、血圧が上がりやすくなるからです。

 

ふだんは血圧が正常でも、冬になると高くなる「冬だけ高血圧」の人もいるくらい。ではなぜ、気温が下がる冬場だけ極端に血圧が上がるのでしょうか?

 

それは、体温が急激に下がると血管が収縮するという人体特有のメカニズムがあるからなんですね。

 

人間の体というものは、体温を一定にキープするために、周囲の温度が高いときは血管を開いて、体内の熱を放出し、逆に周囲の温度が低下しているときは血管を収縮して熱を体外に逃がさないようにします。

 

血管が収縮すると、心臓の役割であるポンプの力を高めて、より大きなパワーで血液が送りださなければなりませんよね。

 

そのため、冬場は必然的に血圧が高くなりやすいわけなんです。血管が開いている場合は、心臓から血液を送り出す力は小さくて済むので血圧は下がりやすくなるでしょう。

 

冬になると鍋物などの料理が増えて、塩分をとりすぎる傾向が高まります。

 

しかも、あまり汗をかかないため、体内のナトリウムが異常なほど蓄積されて血圧が上がりやすくなるわけなんですね。

 

冬場、とくに注意すべきは急激な気温の変化。あたたかいところからいきなり寒い場所に行くと、それまで開いていた血管がギュッと収縮します。

 

その結果、血管にも心臓にも通常よりはるかに負担がかかってしまい、最悪の場合、血管が詰まったり破れたりします。

 

それが脳の血管で発生すれば脳卒中となり、心臓で発生すれば、心筋梗塞となるわけです。

 

だからといって安易に降圧剤に頼るのは考えもの。医者にかからなくても簡単な方法で血圧の上昇を防ぐことができるとしたら……

金銭的リスクが少ない!降圧剤不要の健全な高血圧対策、3つの提案

【提案1】食事だけで血圧を下げる方法

高血圧から身を守るために

DVDを見て今すぐ実践できる食事改善法はこちら

 

【提案2】機能性表示食品で高血圧ケア

理研わかめペプチド

「理研わかめペプチド」の口コミレポートはこちら

 

【提案3】トクホで高血圧ケア

エーザイヘルケア

エーザイヘルケア 口コミレポートはこちら

 

冬の高血圧対策〜脳卒中・心筋梗塞をしっかり防ぐ方法 へ戻る

 

関連ページ

寒い季節の夜間のトイレ・お風呂と高血圧の関係
高血圧の人にとって、寒い季節の夜間のトイレやお風呂は細心の注意を払う必要があります。血管の収縮にともなう心臓や脳への過剰負担を避けるための方法をコラムとしてまとめています。
急激な温度差を避けて血管の収縮を防ぐ
急激な温度差を避けて血管の収縮を防ぐための具体的な方法や、外出時の注意点などをわかりやすくまとめています。
血圧の高い人が寒い時期に運動するときに気を付けるべきこと
寒い時期、とくに血圧の高い人は運動するときに気を付けなければならないことがあるのです。血圧を急激に上昇させないための心がけをわかりやすくコラムにしてまとめています。